このブログをお読みくださる方へ
2008年に病気になり、何度かの入退院後、2009年秋から記事を書いていますので、過去にさかのぼりながらと、現在のことを織り交ぜて記事を投稿しています。
時系列に並んでおらず読みにくいと思いますが、どうかご容赦願います

2009年12月08日

東京・癌研有明病院に入院して

順番がめちゃくちゃになってしまっていますが、書けるところから書いていこうと思っています。


一番最近、この11月から現在の治療が始まるまでのダイジェストを書かせていただきます。



11月27日金曜日
今まで検査入院や手術、BEP療法でお世話になった信大病院からの転院扱いで、東京の癌研有明病院に入院となりました。
癌研有明病院

ただ、今までの治療のデータや画像のほとんどが信大にあるため、癌研有明でも今一度検査を行なってからベストな治療法に入って行きたいと、担当のY浅先生が話してくれました。


その言葉通り入院後すぐはCT検査やら精密肺機能やら血液検査やら・・・。
そしてやはりセカンドオピニオンでも話していたVIP療法を行うということに決まりました。
開始日時は12月7日からです。

なんだかこの病院もベッドを空けておくのが嫌だったようで、今思えばこうして金曜に入院する必要があったのかな?
なんて思ってしまいます。


入院後治療までは翌週1週間空きましたが、その週に行なったのは月曜のCTと金曜の骨シンチ検査のみでした。
もったいなくて週末は外に出させてもらったり。



自覚症状が出ているわけでもありませんから、逆に何をしていいのか、病院になれるための1週間だったような気もしています。

まぁ今の生活は昔と比べたら本当に変わったと思います。
地域柄かもしれませんが、結構多くの方が病室でパソコンを開いていますしね。
みなさん携帯メールもバンバン

信州大学と違うのは東京は携帯のワンセグがきれいに入ること!
それも多くのチャンネル
信大病院ではワンセグ受信がほぼ不可でしたから・・・

あとは何より夜が明るいですよね。
夜なのに音がするし。
当たり前なんだけど



  そんな病院で始まる2度目となる抗がん剤治療
  VIP療法

治療は3週間で1セットの抗がん剤を4回行ないます。
だから2月終わりまでは治療にかかるようです。
夏に行なったBEP療法に負けるとも劣らない副作用があるそうです。

ただ、文句は言ってられません。


今回でしっかり治す!
これを目標にがんばりましょう
posted by とみしん at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | VIP療法入院2009年11月〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス【公開されません】:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。